テレビとネット、広告費を安くできるのはどちらか?

テレビでもネットでも、たくさんの広告があります。

当然、それに応じて広告費もたくさんかかっています。
では、どちらにより出資すれば良いのでしょうか?

テレビの広告つまりCMは、近年の録画機器の進歩によりスキップできるようになっています。
つまり、CMはもはや見なければならない存在ではないということです。

かと言って、ネットだとテレビに比べて画面が小さく音質が悪いので、インパクトに欠けます。
また、テレビと同様に、ある程度のスキップは可能です。

そうなると、テレビやネット問わず、多額な広告費を出してまでCMを作ることに疑問を覚えます。

では、どうすれば良いか?
それは、多額な広告費をその会社の社員や、商品自体に還元させれば良いのです。

嗜好品なら容量を増やしたり値段を安くしたりすればいいし、社員にはそのまま給料に変換させれば結果的に会社にとってプラスになります。詳細に説明すると、商品が良くなれば、購入者が増える。その評判がネットや口コミで広がる。

そうなれば、長い目で見れば利益もイメージもプラスになります。

社員に還元すれば、意欲やる気が向上し、熱心に仕事に取り組むようになります。
社内の雰囲気も良くなり、プラスに転じるはずです。

広告もイメージアップや戦略として必要なのは、理解できますが、多額すぎるのが問題なのです。
どうせ作るなら1本1本を大事に制作すれば、その思いは視聴者に届くと思います。
利益ばかりにとらわれないようにしてほしいですね。

テレビとネット、広告費を安くできるのはどちらか? はコメントを受け付けていません。